TCFとは、総合的なフランス語の学力レベルを測るテストです。

DELF・DALFはディプロム(資格)です。6段階のレベル(A1, A2, B1, B2, C1, C2)上でのあなたのフランス語の知識を試すもので、合格するとそのレベルを無期限に証明することができます。一方、TCFは、ある時点でのあなたのフランス語のレベルを評価するテストです。あなたの能力がヨーロッパ参照枠に則った6段階のレベルのどれに位置するかを示します。自分の現時点でのフランス語のレベルを知り、発展させるための最良の手段となります。
受験者にはテストの成績を記載した証明書(有効期間2年)が発行されます。.

必須試験

テストは解答選択方式80問で実施され、聴解(30問)、語彙・文法(20問)、読解(30問)の3分野で構成されます。試験時間は全体で1時間30分で、聴解が25分、続いて語彙・文法、読解が計65分(受験者が自由に時間を配分できますが、目安は語彙・文法20分・読解45分)です。

補足試験(口頭表現・文書作成)

語学力証明を補完するために、いくつかの試験センターでは、基本の必須試験に加えて、2つの表現力試験を実施しています。

  • 口頭表現試験(オプション): 面接官1名と15分間の面談を行います。面談は録音され、必須試験の答案と共に採点者に送られます。
  • 文書作成試験(オプション): 1時間45分の時間内に、6つの課題に答える文章を作成します。課題の難易度は進むにつれて高くなります。

TCFのメリット

  • TCFには不合格はありません。全ての成績に対して公式証明書が発行され、各分野に関する自分のフランス語の実力を、欧州評議会の定めた6段階のレベルの中で正確に把握することができます。
  • TCFの試験形式は日本人の学習習慣になじみやすいものです。解答選択方式の答案はフランスでスキャナー読み取りによって採点され、シンプルで効率的、かつ客観的なテストとなっています。表現力試験(オプション)はCIEP(国際教育研究センター)の研修を経て資格を取得した採点官チームによって、二重点検方式で採点されます。
  • フランス国民教育省の要請を受けて開発されたTCFは、学部を問わずフランスの大学に入学を希望する際の語学力評定に認められた唯一のテストです。また、企業での就職や昇進を目指すにあたって、フランス語のレベルを証明するためにも有効です。

※大学学部1年目に応募申請(「DAP」の手続き)をされる場合、DELF/DALF でB2以上の資格をお持ちでない方は、筆記表現のテストが必須となっている特別なTCF試験「TCF-DAP」を受験する必要があります。TCF-DAPは、在日フランス文化ネットワークの各校にて、例年2月初旬に実施されます。

結果通知

TCFの結果はCIEPが発行する証明書によって通知されます。受験者は、個々の試験に関する成績(必須試験は各分野699点満点のスコア、補足の表現力試験はそれぞれ20点満点の評点)と、欧州評議会の基準による6段階でのレベル分けとを知ることができます。必須試験については、3分野全体の総合スコアおよび6段階中の総合レベルも算定されます。

結果は試験終了後約1ヶ月で通知されます。結果通知の手順については、試験センターにお問い合わせください。

 

TCFについての詳細な情報ページ : www.ciep.fr/tcf/

テストのシミュレーションができるTV5MONDEのサイでTCFに備えよう! www.tv5monde.com/tcf