オンライン手続きに関して、Campus France に向けてお寄せいただく、よくあるご質問をまとめております。 ご不明な点などお困りの際にはぜひご参考にしてください。

1. アカウント作成に関して 

Q. Campus Franceのサイトの『フランス政府留学局オンライン応募フォーム』の「アカウントの作成」から全ての情報を入力しアカウントの作成は出来たはずなのに、確認のメールが届きません。どうすれば良いでしょうか?

A. 使っているメールのタイプや、受信メールの設定によっては、アカウント作成時の最初のメールが「迷惑メール」のトレイに振り分けられることがよくあります。「迷惑メール」に届いていないか確認してみましょう。どのメールボックスを確認してもメールが届いていない場合、入力をしたメールアドレスが間違っていた可能性が非常に高いので、再度アカウントの作成をしてください。

Q. アカウント作成がされたことをお知らせするメールが届かなかったため、リンクの有効期限が切れてから、他のメールアドレスを使ってアカウントを再度作ろうとしましたが、パスポートの番号が既に登録されているとの表示がでて、作れませんでした。どうすれば良いでしょうか?

A. Campus FranceのHPお問い合わせからその旨ご報告ください。

Q. ログインするの時のIdentifiantがわかりません。

A. 登録した際のメールアドレスを入力ください。

2. 添付ファイルについて

個人情報

Q. 『IDおよび写真』の項目に添付する写真はきちんとした証明写真でなければいけませんか?

A. 正式な証明写真でなくとも構いませんが、できるだけ正面から撮影したもので、ご本人であることが容易に確認できる写真をご用意ください。

Q. 『本人確認』の項目に添付するのは免許証などでも良いですか?

A. パスポートの顔写真のあるページをスキャンして添付してください。

学歴・学位

Q. 高校や大学の学位は、卒業式でもらう卒業証書でも良いですか?

A. 高校や大学に連絡をして「卒業証明書」を発行してもらってください。

Q. 学歴を証明する書類は日本語でも良いですか?

A. オンラインフォームに添付する全ての書類はフランス語、または英語である必要があります。学校で日本語以外の書類が発行されない場合は、フランス大使館指定の翻訳会社に依頼してフランス語訳を用意してもらってください。

Q. 最終学歴が4年制大学なのですが、それでも高校卒業証明書を取り寄せる必要がありますか?

A. DAPで応募申請する場合を除いて不要です。(Hors-DAPの場合も添付することをおすすめします。)

Q. 最終学歴が専門学校なのですが、専門学校の卒業証書のみで良いでしょうか?

A. 最終学歴が専門学校の場合は高校の卒業証明書の添付をお願いします。

その他

Q. 証明書類は、自分で、または、フランス語のできる友人に翻訳してもらっても良いですか?

A. 証明書類は、必ずフランス大使館指定の翻訳会社に依頼してフランス語訳をご用意ください。

Q. 履歴書は添付する必要がありますか?

A. 最終学歴修了から1年以上経過している場合は必ず添付してください。

Q. スキャナを持っていないのですが、証明書類を写真で撮って添付しても良いですか?

A. ほとんどのコンビニで書類のスキャンをすることができます。どうしてもスキャナーを使ったスキャンをすることが難しい場合は、スマホで使える無料のスキャナアプリなどで作成したファイルの添付でも構いません。

3. 入力する情報について

Q. 日本の大学の学費の支払いのために奨学金を受け取っていますが、「特別なケース」の中に該当する奨学金がありません。どうすれば良いですか?

A. フランスでの勉強のための奨学金以外についてはご報告の必要はありません。また、この項目は該当がない人がほとんどです。ない場合は、「上のいかなる事例にも該当しません」にチェックを入れ、そのままお進みください。

Q. 「言語能力」の中の「フランス滞在歴」は、観光旅行なども含めて全て入力しなければいけませんか?

A. 観光旅行で数日間滞在したような場合については入力の必要はありません。留学やワーキングホリデーなどでフランスに滞在したことがある場合のみ入力してください。

4. 提出に関して

Q. 『オンラインフォームをCampus Franceに提出する』の部分に、「オンラインフォームの提出後は修正できません」と書かれていますが、追加書類など、一切の修正ができなくなるのですか?

A. オンラインフォームを提出した後に入力内容の変更が必要になった場合、Campus Franceでオンライン処理をすることで、変更が必要な部分にアクセスしていただけるようになります。変更が必要な場合はCampus Franceまでご連絡ください。
フランスの教育機関に応募申請をする場合の方で、卒業証明書や語学力の証明書などがオンラインフォーム提出の期日に間に合わない場合は、オンラインフォームの提出後、書類 が手元に届いた時点でご連絡ください。

Q. オンラインフォームを提出したのに、オンラインフォームの認証がされません。

A. オンラインフォームの認証は自動でされるものではありません。オンラインフォームに記入した内容や添付ファイルの内容に不備がないかCampus Franceで確認をしますので、数日を要します。混雑時ほど確認に時間がかかりますので早めの手続きをおすすめします。なお土日祝日は閉局していますのでご対応いたしかねます。

5. 振込みに関して

Q. 両親の口座から振込みをしても良いですか?

A. Campus Franceのアカウントを利用している方のお名前と異なるお名前の方の口座から振込みをしていただく場合は、お振込みの際、「振込み(依頼)人名義」の項目に、どなたのアカウントのためのお振込みかを追加入力してください。
できなかった場合には、アカウント内からの申告に併せて、tokyo@campusfrance.org 宛にどなた名義でお振込みいただいたかをお知らせください。

Q. 振込みの際、チケット(振込証明書・ご利用明細など)は必要ですか?

A. 確認をお願いする場合がありますので、必ず発行してもらい、お支払いの認証が済むまでは保存してください。

Q. 振込(依頼)人の欄に間違って INSTITUT FRANCAIS DU JAPON と記入してしまいました。

A. 実際にどなたがお支払いをしたものか確認させていただく必要があるので、お振込み明細のチケットのスキャンを添付してメールでご連絡ください。

6. Campus Franceでの面接について

Q. Campus Franceの面接に持っていかなければいけないものは何ですか?

A. オンラインフォームに添付した全ての証明書類の原本をお持ちください。コピーをお持ちいただく必要はありません。なお、書類は確認をさせていただき、その場でお返しいたします。
また、東京メイン・オフィスで面接を受ける場合は、フランス大使館にお入りになる際に身分証明書の提示が必要ですので、必ず身分証明書をお持ちください。

Q. 「私のオンラインフォームを取り扱うCampus France」が関西オフィスになっています。面接は関西オフィスでなければ受けられませんか?

A. 現住所が関西地域の場合、オンラインフォームを取り扱うCampus Franceは関西オフィスとなっています。お仕事の都合などで、どうしてもCampus Franceの面接と学生ビザの申請を同じ日に行いたい場合などで、オンラインフォームを取り扱うCampus Franceとは別のオフィスで面接を受けたい場合は、アカウントから予約を取らずにCampus Franceに連絡してください。

Q. 面接はスーツでないとだめですか?

A. 平服でお越しください。

Q. 面接はフランス語で行われますか?

A. 語学留学や音楽留学など高い語学力を現時点で求めない留学計画に関しては、面接は日本語で行っています。大学や大学院など、フランス語や英語の語学力があらかじめ充分であることを確認すべき留学計画の場合は該当言語で行っています。

その他の質問

Q. ビザ申請に必要な書類に関して質問があるのですが。

A. Campus Franceはビザ申請を行う前に義務付けられている手続きを行う場所であり、ビザセクションではありません。ビザに関する質問に関してはお答えすることができません。ビザに関しての詳細はフランス大使館HP上のビザの項目からご確認いただくか、必要な場合にはビザセクションに直接質問をしてください。

Q. フランスの語学学校に行きたいのですが、どの学校を選べば良いか分かりません。おすすめの学校をおしえてください。

A. Campus Franceはフランス政府留学局であり、フランス留学に関する総合的な情報を提供する機関です。ですので、個人に特定の学校をおすすめすることは出来ません。教育の質が認められている学校のリストが掲載されたリンク等であればお伝えできますので、その場合はメールでお問い合わせください。なおフランス政府公式機関のアンスティチュ・フランセ日本では語学留学サポートを行っています。一人で手続きを行うことが難しい場合、アンスティチュ・フランセ日本の語学留学サポ-トのご利用をおすすめします。