5月5日
安倍総理大臣フランス訪問中の5月5日に
Venue:Japan
Theme:Diplômes

 

去る5月5日、訪仏中の安倍晋三総理大臣とフランスのオランド大統領列席のもと「日本国とフランス共和国の高等教育機関における履修継続のための履修、学位及び単位の相互認証に関する協定」の調印式が行われました。

この協定により、約1年前に安倍首相とオランド大統領が共通の目標として掲げた、日仏大学交流の強化に、新しいページが開かれることとなりました。

署名者となる国立大学協会(JANU)、フランス大学長会議(CPU)及びフランス技師学校長会議(CDEFI)の3者は何ヶ月にもおよぶ協議を重ね、両国の学位レベルを見比べることができる学位の読み取り表について合意しました。

この協定は、強制力を持つものではなく、リファレンスとして活用されることを目的としています。たとえば、バカロレアを取得していない日本人学生が、一定の条件のもとでフランスのLicenceの1年目に入学したり、フランスのLicenceを取得している学生が日本の修士課程に直接入学したりすることができるよう、判断基準を提供しています。

この協定により、日本とフランスのあいだで留学や高等教育機関同士の更なる交流が促進されることが期待されます。

住所:
Japan