協定校へ交換留学生として留学する方のための手続きガイド

協定校へ交換留学生として留学する場合

フランスの教育機関に留学し、滞在期間が3ヶ月を上回る場合は、必ず Campus France - Etudes en France オンライン手続きを行う必要があります。
下のアイコンをクリックし、オンライン手続きの方法を必ず確認して下さい。
 

Campus France - Etudes en France のオンライン手続きは、留学計画によって、フランスの高等教育機関への応募申請の窓口としての役割を果たす以外にも、学生ビザ申請前に不可欠となっている手続きですが、渡仏の数ヶ月前に行っていただくこともできます。

次のいずれかのケースに該当する場合、交換留学生とみなされ、Campus France - Etudes en France の手続きが一部軽減されます :

  • 日本の大学とフランスの大学間で結ばれた協定に基づくプログラムで、交換留学生として留学する場合
  • 日本の大学とフランスの大学のダブル・ディグリー・プログラムで留学する場合
  • 日本で在学中の学校のフランス校でカリキュラムを継続する場合

※ 日本で大学に在学したまま、あるいは休学して、個人的に1 年または1 学期間の留学を予定している方(認定留学・休学)は、交換留学生とはみなされません。個人留学の手続きに関するページをご参照下さい。

※ 日本以外の国の大学とフランスの大学間の協定に基づくプログラムで留学する場合も、手続きの簡素化は適用されます。

このケースに該当する場合、Campus France - CEF の手続き一部が軽減となります :

  • Campus France での面接が免除となります
  • オンラインシステム手続き料金の減額 : 15.000 円(注意!:一度お支払いいただいた手続き料金は、いかなる理由であっても返金に応じかねます。)