フランス短期留学の際の住居探しのアドヴァイス

短期滞在の際の住宅探し

短期滞在の場合には、ホームステイはうってつけの選択です。

また、多くの学生都市で1日~1ヶ月までの滞在のための住居を提供するサービスBed&Crousが開始されました。(詳しくは下記をご参照ください)このサービスの提携都市以外の都市に留学を予定している場合は、各都市のCROUSに直接お問い合わせ下さい。

民間学生寮が借りられる可能性もあります。

fiches hébergement par villeで検索することで都市ごとに、ホストファミリーやホテル、ユースホステル等、到着時の宿泊先の情報もご覧になれます。

大学の課程が始まる前にフランス語講座の受講を予定している場合も、ほとんどの語学センターが宿泊施設を備え、対応をしていますので、あらゆるタイプの住居を探すことが可能です。


ホームステイ

短期滞在に最適です。個人宅で家具付きの部屋を間借りする方法です。

語学短期留学で渡仏する多くの学生がホームステイを選択しています。

受け入れ先の家族との日常でことばと文化をたっぷり吸収しながら生活できます。現地適応もスムースとなり、留学生活の絶好なスタートをきることができます。

語学研修センターが、受講者のホームステイの要望に応え、予めふさわしい家庭を選択し、ステイ先を用意しているケースもあります。

ホームステイ先の斡旋サイトもあります : www.sejoursfrancefamille.fr

その他の情報もfiches hébergement par ville で検索できます。

週当りの家賃は、パリでは200ユーロ(朝食込み)- 300ユーロ(朝食・夕食込み)となっています。地方ではさらに安くなります。

Bed&Crous

学生、高等教育関機関係者、研究者のための、Crous学生寮の住居の短期間の貸出し予約システム開始され、立地が良く、設備の整っている住居を良心的な価格で提供するサービスBed & Crousが誕生しました。

Bed&Crousはフランス全土の13の学生都市(Aix-Marseille-Avignon, Amiens, Besançon, Bordeaux, Dijon, Grenoble, Lyon, Lorraine, Montpellier, Nice, Paris, Rennes)にあるCrousが運営する学生寮で提供されています。

Wifi、コインランドリー、自転車置き場、駐車場の設備、また、水道・光熱費、シーツやタオル、朝食などもプランに含まれているものもあります。

1日~1ヶ月までの滞在のための住居を、セキュリティー管理されたプラットフォームにてオンラインで予約可能。

新しい町を訪ねたり、試験を受けたり、短期間のインターンの際などにご活用いただけます。

Bed&CrousのHPはこちら