日本で在学中の大学と協定関係を結んでいるフランスの大学へ、交換留学やダブル・ディグリーなどのプログラムの枠内で留学する場合は、CEFオンラインシステムの手続きの一部が軽減になります。

“交換留学”などのプログラム枠内で留学する場合の手続き :

 

次のいずれかのケースに該当する場合、”交換留学”などの特別プログラム枠での留学となります。

  • フランスの高等教育機関と日本の大学との間に結ばれた協定関係によって定められた “ダブル・ディグリー” プログラムの枠内でフランスに留学する場合 ;
  • フランスの高等教育機関と日本の大学との間に結ばれた協定関係によって定められた “交換留学” プログラムの枠内でフランスに留学する場合 ; 
  • フランスの高等教育機関と日本の大学との間に結ばれた協定関係によって定められた “学部間交換留学” プログラムの枠内でフランスに留学する場合 ;
  • 日本の高等教育機関がフランスに持つキャンパスにてコースを履修するためにフランスに留学する場合.

 

上記のいずれかのケースに該当する場合は、CampusFranceのサイトからアカウントを作成し、CEF手続き一部軽減のケースであるという認証をCampusFranceの職員から受けた上で、学生ビザ申請の手続きを進めてください。

CEFの規定により、上記のいずれかのケースに該当する場合、CampusFranceの面接が免除となり、CEFの料金が減額となります。

 

注 意 : “認定校留学” は上記のケースには含まれません。特別枠に属さずに留学される方のための手続きを行ってください。