住居探しを始める前に、予算、滞在期間、留学のタイプに応じてどのような選択がふさわしいかを見定める必要があります。

住居費はまちまちですが、外国人留学生もフランス人学生と同様、住宅補助を受けることができます。

フランスに発つ前に住居を決められたらどんなにか安心なことでしょう。

それには、キャンパス内にある、CROUSが管理する学生寮や(このような寮は、フランス政府給費留学生や、交換プログラムの留学生に優先的に割り当てられていますが)、学生寮を備えた教育機関に登録できた場合でしょう。

そのほかのケースでは、現地に着く前の住居探しは骨の折れる作業です。物件を実際に見ることができませんし、事情をわきまえての適切な判断が難かしい上、連帯保証人のことや賃貸契約のサインも容易ではありません。

そういったことから多くの学生は、渡仏後の数週間は仮住まいをして、その間に物件を実際に訪れてから決めています。

下記のリンクにアクセス下さい。あらゆる都市の広範なサイト情報を集めたリンク集です。

あなたの留学先近辺の物件に関するコメントや連絡先が入手できます。 

 

住居に関する資料仏語英語
住居に関する連絡先一覧(仮/一定)x
保証人と敷金について
住居探しにおける注意点x