パーソナルアカウントを作りオンラインフォームに入力をすることから、CEFオンラインシステムの手続きが始まります。オンラインフォームはご自身のリズムで進めていただくことができます。CEFのご利用料金は銀行振り込みにてお支払いください。

CEFオンラインシステムは、日本を含む31カ国で採用されており、3ヶ月以上のフランス留学をする場合は、必ずご利用いただく必要があります。

CEFオンラインシステムにより、フランスの高等教育機関に留学を希望する方は、留学を計画して高等教育機関に応募申請を行うステップから学生ビザの申請にいたるまでの留学準備の過程で、サポートとアドバイスを受けることができます。

まずCampusFranceのサイトからアカウントを作成し、オンラインでフランスの高等教育機関への応募申請の準備をはじめます。アカウントにあるメールボックスを利用してCampusFranceや、応募申請をしている教育機関へご質問などのメッセージを送ることもできます。

CEFオンラインシステムが採用されている31カ国のCampusFranceは :

  • アカウント内のメールボックスを利用して、応募者に情報を提供し、留学計画を立てるためのサポートを提供します。
  • フランス語学試験に関する情報を提供します。facilite le passage des tests de langue,
  • 応募者の申請書類や学歴に関する証明書類などを確認します。
  • 応募者と面接を行い、留学計画の確認をします。

フランス大使館文化部大学間交流担当セクションは :

  • 応募者のオンライン応募フォーム上で面接の総括を読み
  • 留学計画に関する見解を出します

CEFオンラインシステムに加盟している高等教育機関は :

  • 応募者の応募フォームをオンラインで見ることができます。
  • オンラインで応募者の面接の総括も見ることができます。
  • 応募者が面接を受けた国のCampusFranceに、補足情報を求めることができます。
  • オンラインシステムを利用してセレクションを行うことができます。
  • セレクションの結果、受け入れ許可を応募者およびCampusFranceにオンラインで連絡することができます。

フランス大使館領事部は :

  • 応募者のオンラインフォームを見ることができます。
  • ビザ申請者が提出した書類の確認を行います。
  • 学生ビザの交付に関する決定を行います。
  • ビザ交付に関する決定を応募者のオンラインフォーム上で反映させます。