世界トップクラスの経営学系グランゼコールと教育内容

商工会議所管轄、あるいは私学教育機関の付属校として、経営学系グランゼコールでは(フランスには230校があります)、経済環境情勢の変化や新しい経営の実態に即した内容と教授法による教育が行なわれています。

研修がプログラムの優先軸にすえられ、最先端ツールのスキル向上もカリキュラムに組み込まれています。海外研修交換留学プログラムに重点が置かれ、国際的な視座に立ったカリキュラム構成となっています。外国人留学生にとっても、欧州雇用市場へのチャンスがひろがっています。

交付される学位は国家の認定学位であり、国際トップレベルの学位です。

 

登録料(学費)は年間 3 000-10 000 ユーロ

経営学系グランゼコールでは編入や選抜試験により、数多くの外国人留学生を受け入れています。通常のコースでは三年間の履修修了後、大学発行の学位を取得し、更にトップレベルの専門学位、MBA(経営学修士) や専門分野修士を目指すことになります。

外国人学生枠での募集のある大学もあります。

経営学系グランゼコールはグランゼコール評議会(CGE)管轄のグループです。

 

大学で: 企業経営学院(IAE)

IAE は(企業経営者養成校)経営大学です。フランスにおよそ30校あります。経営学士の全課程(マーケテイング、財政学、人的資源、等)を学べます。職業専門修士の学位の交付と国家認定学位に相当する学士・修士・博士レベルの学位も交付されます。各教育機関それぞれに特色があり、専門分野をもっています。