2. 高等教育機関(学部2年目以上)または語学留学への受入れが決まっている場合

 
フランスの高等教育機関または語学学校が発行した仮入学許可証を既にお持ちの方のための手続きガイド

フランスの高等教育のディプロム取得を目的とし、すでに留学先教育機関から受入許可が下りている方(大学のLicence2・3年目、Master、MBAなど)、または語学学校への受け入れが決まっている方が対象になります。

フランスの教育機関や語学学校に留学し、滞在期間が3ヶ月を上回る場合は、必ず Campus France - Etudes en France オンライン手続きを行う必要があります。
下のアイコンをクリックして、オンライン手続きガイドを必ずご確認下さい。
 

Campus France - Etudes en France オンライン手続きは、留学計画によって、フランスの高等教育機関への応募申請の窓口としての役割を果たす以外にも、学生ビザ申請前に不可欠となっている手続きですが、渡仏の数ヶ月前に行っていただくこともできます。

次のいずれかのケースに該当する場合、この手引きに沿って手続きを進めてください :

  • フランスの高等教育のディプロム取得を目的とし、すでに留学先教育機関から受入許可が下りている場合
  • フランスの語学学校から受入許可が下りている場合
  • 現在在学中の大学に在学したまま、あるいは休学して、1 年間あるいは1 学期間フランスの高等教育課程か語学学校を履修することを目的とし、すでに留学先の受入許可が下りている場合 (認定留学・休学)

  オンラインフォームに入力されたデータは、フランスの行政機関、特にビザの審査過程で参照されます。
すべての項目を、フランス語あるいは英語で入念に入力してください。

  語学留学の場合、週当たりの授業時間数が20 時間以上である必要があります。 

語学留学の場合は、以下の情報をオンラインフォームに明記する必要があります。情報が足りない場合、追加入力が必要となりますのでご注意下さい :

  • フランスの高等教育機関へ入学するために必要なフランス語力の習得を目的としている場合 :
    語学コース修了後の学業計画、進学に必要な語学レベルを記述してください。特に、希望している分野・課程(Licence, Master, BTS など)および修業予定年数を明記してください。
  • フランス語の語学資格の取得・語学テスト(DELF・DALF, TCFなど)の合格を目的としている場合 :
    目標としている語学試験とそのレベルを具体的に挙げ、そのテストあるいはディプロムが何のために必要か、その関連性を明記してください(就職のため、個人的な理由など) 。
  • 日本の大学に在学中、あるいは休学中に語学留学を計画している場合 :
    日本で在学中の学校のカリキュラムにおいて、この留学がどのような意義を持つかを記述してください。また、日本の大学を卒業後フランスの大学へ留学を予定している場合や、在学中に交換留学を予定している場合は、その旨明記してください。

  フランス語の学習のためフランスへの滞在を希望していても、 上記の目的に当てはまらない場合は、渡仏目的に最も適当な別のタイプビザを申請する必要がありますのでご注意下さい。

Campus France - Etudes en France 手続き料金は20,000 円となります。(注意!誤った金額を入金したなど、いかなる理由であっても返金には応じかねます。お支払いの前に、いまいちど、ご自身の留学タイプと金額をお確かめの上、ご入金ください)。