エラスムス・プラスは、教育・訓練・青少年・スポーツを対象とした、2014年から2020年までの欧州連合(EU)の新しいプログラム

Erasmus + は、2014年-2020年を対象とした、教育・訓練・青少年・スポーツのためのEUの新しいプログラムです。

このプログラムは、生涯教育・学習プログラムおよびErasmus Mundus(エラスムス・ムンドゥス)を含む7つの既存のアクションを結集するものです。

7年間の予算は、参加条件や簡略化された資金調達条件により、総額147億ユーロに上ります。これにより、2020年までに、のべ200万人以上の大学生が留学奨学金の恩恵を受けられることになります。

Erasmus + は、EUの「Europe2020」戦略の一環で、教育・訓練に関して、すべての人々の教育水準の向上を目的とするものです。

Erasmus + のプログラムは、次の3つのキーアクションに大別することができます。

  • アクション1:移動性。学習のための個人留学(学生および教員)
  • アクション2:イノベーションおよび優良な実践例の情報交換に関しての協力(高等教育機関、職業教育機関、企業、地方自治体)
  • アクション3:政策改革の支援(EU加盟国間の交流や協力のために実施されているイニシアティブを支援)

詳細は:http://ec.europa.eu/programmes/erasmus-plus/index_en.htm

また、エラスムス・プラスのパンフレットを、英語フランス語でご覧いただけます。