パリ日仏高等研究センター研究フェロー募集のお知らせ

 
フランス国立社会科学高等研究院日仏財団では、パリ日仏高等研究センター(Centre d'études avancées franco-japonais de Paris)の2018年度研究フェローを公募しています。
Etudes , Japan

パリ日仏高等研究センター(CEAFJP)は、パリに拠点を置き、卓越した若手研究者の育成、多様な人材を結集した国際的な先端研究を通じ、日仏交流への貢献を目指しています。本研究センターでは、6か月以上12か月以内の期間パリに滞在して研究活動を行うことを希望する研究者を支援し、最良の研究環境と欧州研究者との交流の機会を提供します。

CEAFJPフェローシップでは、以下の5つの研究テーマによるフェローシップについて募集いたします。

  1. エア・リキード研究フェロー「食習慣とその健康及び生態系への影響~世界規模の栄養転換を背景とする日本の伝統的食習慣の特殊性を問う」 
  2. フランス銀行研究フェロー「マクロ経済学と経済政策:日本の経験から何を学ぶか?」
  3. ミシュラン研究フェロー「日本のイノベーション公共政策」
  4. ルノー研究フェロー「日本、韓国及び欧州における自動車及び新モビリティ・サービス利用」
  5. ヴァレオ研究フェロー 「持続可能なモビリティのための革新的技術」

以上の5つのフェローシップ公募における締め切りは2017年3月31日までとし,メールでの受付(ffj@ehess.fr宛) を行います。 任務開始時期は原則として2018年1月1日の着任を予定しておりますが、事情に応じて変更も可能です。

パリ日仏高等研究センターでは、上記以外の分野や研究テーマによる競争的研究資金に応募する優秀なジュニア研究者からの応募書類を受け付けています(http://ffj.ehess.fr/autres.html)。

パリ日仏高等研究センターに関する詳細及び公募内容は、ホームページをご覧ください。本件に関するご質問に関しては、䑓丸謙(ffj@ehess.fr)まで直接メールにてお問い合わせください。