フランス留学経験のある学生のうち92%が、「フランス留学を勧める」と、Campus Franceのアンケートに答えてくれました。

Campus Franceは仏調査会社Kantar Sofresへ、“外国人留学生にとってのフランスのイメージと魅力 ”に関するアンケートを実施依頼しました。今回の調査は6年前に実施されて以来、3度目となります。

2011年および2013年に行なわれたアンケートと同じく、2017年に行なわれたこの調査でも、決定した課程に関する質問や、滞在満足度、そして滞在経験から得たものなどに関する質問がなされました。

また、今回の調査では、加えて、Brexitの影響に関してや、トランプ米国大統領の選出について、そしてエマニュエル・マクロン仏共和国大統領の選出に関する質問や、France Alumniに関する質問もなされました。

フランスとフランスの高等教育機関の質の高さが再確認され、また学生の満足度は上昇傾向にある

10人中9人の外国人留学生がフランスを留学先として薦めたいと回答。(201190% 201391% 201792%)

10人中9人がフランス滞在に満足、そのうち52%は非常に満足と回答。(201143%201341%

88%以上のフランスで留学経験者の学生がディプロムの価値や教育の質について満足していると回答。(201185%以上、201386%)

その他、全ての調査結果については、こちらをご参照ください。